トップ

水素水でむくみ改善

水素水でむくみを改善

むくみを改善したいなら水素水

万年運動不足で30歳の私は、以前から身体がむくみやすいことが気になっています。むくみやすい体質なのかと割り切っていました。最近では特にむくみがひどく朝起きて鏡を見ると顔がむくんでいる時もありますし、夕方にもなると決まって足がむくんでいてふくらはぎが、だる重く感じるようになってきました。

むくみについて調べていると対処策としては運動や食事に気をつけることが多く書かれています。私としては出来るだけ簡単に、手間のない方法でむくみ改善をしたい。そんなときに見つけたのが水素水です。むくみ改善に水素水の効果を知りたい人のために、水素水について調べてみました。水素水に関する情報はこちらのサイトがおすすめです。

身体がむくむ原因は睡眠不足、塩分の摂りすぎ、生活の乱れ、ストレス、飲酒、運動不足など様々です。根本的にむくみを改善するためには、今の生活自体を見直さなくてはいけません。分かっていても改善できないという人も少なくはないですよね。私はアルコール大好きで遅くまで飲むこともありますし、そんな日の朝は起きると顔がむくんでいます。美味しいものも大好きなので外食も良く行きます。

このような生活習慣から悪玉活性酸素が体内で増えてしまうと、必要な酸素や栄養が隅々まで届かなくなってしまいます。私の身体がむくむのは、不摂生から悪玉活性酸素が増えて水分の代謝が悪くなっていることが原因なのではないかと思います。

今の生活リズムを変えたくないし、面倒なことは正直苦手です。むくみに良いと言われている運動も苦手意識があります。そんな私でもむくみ改善に期待が出来るのがデトックス作用のある水素水です。

“水素水には、高いデトックス効果があるので、老廃物を排出する手助けをしてくれます。むくみを解消するなら、「利尿作用」を高めて老廃物を尿から排出し、「血行促進」を上昇させて体内の巡りを改善する必要があります。通常の抗酸化物質でもこのような効果が得られますが、水素水は最も高い抗酸化力があり、よりむくみに効果的です。
出典:水素水の効果でむくみを改善|水素水の効果ガイド|知っておきたい3つのポイント

むくみの改善には、体内に溜まってしまった老廃物を排出することが良いようですね。
水素には体内に入ると身体の隅々まで行き届いて活性酸素を無害な水素に還元してくれるデトックス効果があります。

私のような偏食や外食続きだと、おそらく塩分は摂り過ぎています。塩分の摂りすぎが原因のむくみの場合カリウムは効果的なのですが、利尿作用で塩分を排出はできても悪玉活性酸素を除去することはできません。

悪玉活性酸素は血流を悪化させて身体をむくませてしまいますが、水素水を飲むとこの酸素と水素が結合して水になって排出されます。悪玉活性酸素が減れば血流も良くなりむくみも改善するはずです。

水素水といってもサーバーを置く本格的なものから、携帯できる容器に入ったものまで色々あります。まずはお試しということで手軽に飲める携帯用のアルミパウチ入りの水素水を選んでみました。キャップつきですので1度に全部飲む必要はありませんが、水素は開封するとどんどん抜けてしまうので早めに飲みきったほうが良いみたいですね。

1日に還元できる悪玉活性酸素の量は限られているため、水素水は200mlから500mlで十分です。これくらいの量なら、毎日無理なく続けられそうです。1日1袋、朝飲む時間がなくても会社にそのまま持っていけて便利です。

飲むタイミングですが寝る前に水素水を飲んだら翌朝顔がむくんでしまったので、寝る前だけは避けたほうがいいみたいです。あとは水素は沸騰させると酸素と結合して抜けてしまうので、常温でそのまま飲むのが良いみたいですね。

朝起きたらまず常温の水素水を飲んで、寝ているうちにドロドロになった血液を循環させます。毎日飲んでいると、飲まないと反対に調子が悪いと感じるようにもなってきました。
味は水なので無味なのですが、天然水で作られた水素水なので割りと美味しいです。常温で水を飲むのが苦手という場合には、レモン水などを少し垂らして飲むと爽やかな味になっておすすめですよ。